HOME授業システム > 言語分野
言語分野

言語分野

言語分野の流れ
4歳(年少) 読み
ひらがな五十音
清音の単語
濁音・半濁音
書き
線描き
◯書き
ひらがな五十音
ひらがな単語
話す
自分の名前
簡単な質問に答える
丁寧語の模倣
感性・集中力
俳句づくり
音読・暗記
フラッシュカード
5歳(年中) 読み
特殊音
カタカナ
書き
特殊音
助詞を意識した短文
カタカナ 生徒作品集を見る
話す
順序良く話す
五感を使った表現
丁寧語での会話
感性・集中力
日記
短文
音読・暗記
フラッシュカード
6歳(年長) 読み
2語文
書き
視写
聴書
文図を使った文表現 生徒作品集を見る
話す
感想・意見
詳しい表現
丁寧な話し方
感性・集中力
観察文
作文
音読・暗記
フラッシュカード
小学1年生

読む楽しさを実感。内奥を一読でつかむこと、書き抜きや提携の答え方を学習。

小学2年生

開発に対する答え方など読解の基本を学習。
名作を読み深めます。

言語分野の大切さ

シングルエイジ期の子どもたちは、様々な最適時期を備えた、最も発達する存在なのです。
子どもたちにとって、この大切な時期に何が必要と考えますか・・・?
人は言葉がないと生きていけません。

言語形成期であるシングルエイジ期に、

読む、書く聞く、話す

の4つの力を育てることが大切です。

その中でも、キッズクラブでは『書く』活動を重要視し、「意思や感情を表現すること」を目的に、俳句や作文指導を行っております。
『書く』ことは、人間の心と学力を育てる上で、欠くべからざるものです。自分や周りの人、そしてあらゆる事象を見つめ、深く考え、文章によって表現するという活動は豊かな人間性を育みます。

また、『文を読み、書く』ということは、全ての教科の基礎となるものです。
文を書く最適時期はシングルエイジ期であるといわれています。
豊かな心でものを見つめ、素直な心で表現することで、感性のきらめく作品が生まれます。
『書く』ことは、言語能力の集大成であり、人間そのものを育てる『人間教育』です。

▲ ページの先頭へ